同じミネラルウォーターでも硬水と軟水では成分も味もまるで違います!

水の種類で契約するウォーターサーバーを決める、と言う方は大勢いらっしゃいます。

赤ちゃんを子育て中ならミルク調乳に適した性質の水をチョイスしなければなりませんし、同じミネラルウォーターでも硬水と軟水では成分も味もまるで違うので「ミネラルウォーターなら何でも良い」と言うわけにはいきません。

そもそも「ウォーターサーバー=ミネラルウォーター」と誤解している方も少なくないようですが、最近はミルク調乳に最適なRO水、RO膜水と言う人工的に濾過されたほとんど純水状の水も人気を集めています。

ミルク調乳に過剰なミネラルは不要なので、硬度30前後の軟水にあたるRO水なら問題ありません。

天然水、ナチュラルミネラルウォーターは各採水地から水を汲み上げているのでミネラルの量が多いのが特徴的ですが処理方法は加熱処理もしくは非加熱処理の2種類に大別されます。

ミネラルの影響で非常に飲みやすくまろやかな味になっていますが、硬度が高い硬水だと逆に飲みにくいと感じる恐れがあります。

硬水が普及している海外とは異なり日本では軟水の方が好まれる傾向がありますし、ウォーターサーバーの大半は軟水です。

また、天然水同じミネラルウォーターでも金属元素バナジウムを豊富に含み、血糖値降下降下も期待できるとされるバナジウムウォーターの需要も高まっていますし、有機ゲルマニウムを含む「日田の恵み」や天然パラジウム含有の「富士の恵」など突出した成分が魅力的なウォーターサーバーも。

ちなみに濾過することで徹底的にウイルスや細菌などの不純物を除去しているRO水は、業者さんによって水源が異なります。

水道水のところもあれば天然水のところもありますし、一旦濾過した後人工的にミネラルを添加しているデザインウォーターと言う水の種類もあります。