がん細胞が生まれる原因

Pocket
LINEで送る

日本人の2人に1人が「がん」になり(男性は2人に1人、女性は3人に1人)、3人に1人が「がん」で亡くなってしまうという事実がある。

つまり、「ガン」は我々にとって身近な病なのです。

しかし、この身近な病である「ガン」がどのように身体の中で生まれてくるのかを知っている人は少ないというのもまた事実。


実は、健康な人の身体の中にも、がん細胞は常に生まれているのです。

このガン細胞が増えるか消えるかが運命の分かれ目。

がん細胞が生まれる原因は、紫外線や発がん物質によってゲノムDNAに異常が生じたり、細胞が分裂する際に、ゲノムの複製にミスが起きたりするため。

このような遺伝子の異常は、1日で数千回も起こっている。

健康時には、がん細胞は通常、自然に消滅したり、免疫システムによって退治されたりします。

しかし、なんらの原因でがん細胞の増殖が始まると「ガン」が発病してしまい、最悪の場合には命の危険にもつながります。

細胞の染色体の一部に「テロメア」という細胞があります。

通常、この「テロメア」は分裂を繰り返すにつれて少しずつ短くなり、短くなりすぎると細胞分裂が止まるとうい性質を持っています。

しかし、ガン細胞の「テロメア」は、「テロメラーゼ」という酵素が働き、減った分を元に戻してしまうので、何回分裂しても短くならず分裂の回数は無限なのです。

そのため、癌細胞は増え続けることになります。

そして、一番の問題はがんの転移によって人体の機能が損なわれること。

ガンが肺に転移する「肺転移」で呼吸困難になったり、ガンが脳に転移する「脳転移」で新駅機能が損なわれたりしてしまいます。

そして、ガンが体中に散らばることで、カヘキシー(悪液質)という全身が衰弱する症状を引き起こすことになります。

無限に増殖する癌細胞は、血液やリンパの流れに乗って、離れた場所に転移します。

さらに、転移した先では、自ら血管が作り出し、他の細胞の分まで栄養を補給し、増殖を続けていく。

そんな癌細胞は身体に役立つ仕事は何ひとつせず、正常細胞の仕事を邪魔して、いつしか人を死に至らしめてしまいます。

このように、無限に増殖し転移するのがガン細胞。

現在、男女ともに死亡率が高いのが肺ガン。

胃ガンは早期発見しやすく、大腸ガンも早期発見しやすく治療法が進歩している。

一方、肺ガンは治療が難しい上に、発見された時にはすでに進行しているケースが多い。

最初にガンがどこで発生するかによって、転移しやすい場所も変わります。

たとえば、乳ガンの場合、骨・肺・脳に移転しやすいと言われている。

そして、同じ乳ガンでも転移した場所によって性質が変わってくるので治療法も変わってくる。

がん細胞を早期で発見した場合には、薬で治療するよりも、手術で取り除いた方が安心。

手術以外には、化学療法(抗ガン剤)や放射線治療などがある。

ガンにならないためには、どうすればいいのか?

大切なことは、早期で見つけること。

タバコをある期間吸ったことがある人は、肺ガンのガン検診を早めに受けた方がよい。

ガン検診は怖いかもしれないが、とにかく一度ガン検診を受けるのが基本。

最初の検診で問題なければ、その後見つかる癌細胞のほとんどは治療可能な初期のガンということ。治るガンがほとんど。

だから、できるだけ早く1回検診で見てもらい、その後も定期的な間隔(たとえば2年に一度)でCT検診を受けるようにする。

今あるガンが消えていく食事 (ビタミン文庫)
今あるガンが消えていく食事 (ビタミン文庫)

↑ 消化器外科の名医が考案し、進行ガンでも有効率66.3%という驚異的な成果をあげている食事療法のすべてを大公開した本。

Pocket
LINEで送る