タバコを吸うと脳卒中が起こりやすい

タバコと脳卒中(のうそっちゅう)

脳卒中

タバコを吸っている人は、脳卒中(のうそっちゅう)が起こりやすくなります。

脳卒中とは、脳の血管が詰まったり、破裂してりして、脳組織が障害を受ける病気です。

喫煙者が脳卒中になると、吸わない人に比べ、死亡リスクが2.8倍に高まります。

2〜4年禁煙すれば、このリスクは半減すると言われています。

高脂血症(こうしけっしょう)と上手に付き合うには禁煙は必須に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加