高脂血症(こうしけっしょう)と上手に付き合うには禁煙は必須

タバコと高脂血症(こうしけっしょう)

高脂血症

高脂血症(こうしけっしょう)とは、血液中に溶けている脂質の値が必要量よりも異常に多い状態をいいます。

タバコを吸う人は、血管の中に悪玉コレステロール(LDL)が溜まりやすくなり、同時に、善玉コレステロール(HDL)を減らしてしまいます。

その結果、動脈硬化が進み、タバコを吸わない高脂血症の人に比べ、心筋梗塞脳卒中のリスクが高まります。

高脂血症と上手に付き合うには、禁煙は必須です。

喘息(ぜんそく)の人がタバコを吸うと症状が悪化しますに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加