タバコを吸うと糖尿病(とうにょうびょう)になりやすい

タバコと糖尿病(とうにょうびょう)

糖尿病

たばこを吸っていると、糖尿病(とうにょうびょう)になりやすくなります。

たとえば、毎日20本のタバコを25年間吸っている人は、吸っていない人に比べて糖尿病になる確率が1.5倍ほど増えます。

しかし、1年以上禁煙を続ければ、糖尿病になるリスクは非喫煙者とほぼ同じになると言われています。

また、糖尿病になると、動脈硬化が進み、心筋梗塞脳卒中などが起こるリスクも高まります。

さらに、糖尿病なのにタバコを吸っている人は、心筋梗塞のリスクは吸わない人の2.6倍にまで高まります。

禁煙すれば非喫煙者と同じレベルまで下がると言われているので、糖尿病の恐れがある人は禁煙しましょう。

タバコを吸うと心筋梗塞(しんきんこうそく)のリスクが高まるに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加