タバコが原因の肺の生活習慣病「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」

タバコが原因の肺の生活習慣病
COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

あまり聞き慣れない病名だと思いますが、喫煙者なら必ず知っておきたいのが、COPD(慢性閉塞性肺疾患)という病気です。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは、タバコを吸い続けることによって起こる肺の生活習慣病です。

英語だと「Chronic Obstructive Pulmonary Disease」と書くので、略して「COPD」と呼ばれています。

WHO(世界保健機関)によると、2020年には世界の死亡原因の第3位になるとも言われています。

WHOによる世界における死亡増加予想
1990年 2020年
1位 虚血性心疾患 虚血性心疾患
2位 脳血管障害 脳血管障害
3位 下部呼吸器感染症 COPD
4位 下痢性疾患 下部呼吸器感染症
5位 分娩に伴う障害 呼吸器がん
6位 COPD 交通事故

COPD(慢性閉塞性肺疾患)になると、肺から空気を押し出す力が低下します。

そして、呼吸が自由にできなくなることで、慢性的な咳や息切れといった症状を引き起こします。

その後、徐々に呼吸が苦しくなっていくという症状が出る特徴があります。

最悪の場合、鼻に酸素吸入器を付けて、酸素ボンベを携帯しなければ生活できなくなってしまうこともあります。

COPDの原因の約9割は喫煙です。

肺胞は一度壊れると再生しませんが、タバコをやめれば進行を止めることができます。

タバコを吸うと動脈硬化(どうみゃくこうか)になりやすいに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加