喘息(ぜんそく)の人がタバコを吸うと症状が悪化します

タバコと喘息(ぜんそく)

喘息

喘息(ぜんそく)とは、喉がゼイゼイと鳴ったり、咳(せき)や痰(たん)が出たりして呼吸が苦しくなる病気です。

しかし、上手に付き合っていけば、喘息じゃない人と同様の生活を送ることができます。

喘息の人がタバコを吸うと、症状が悪化したり、肺の機能が低下したり、治療の効果が得られにくくなったりします。

喘息(ぜんそく)の人にとって、禁煙は必須です。

タバコを吸うと肺炎(はいえん)になりやすくなるに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加