タバコ(喫煙)を吸うと薄毛、抜け毛、白髪になりやすくなる

タバコ(喫煙)を吸うと薄毛、抜け毛、白髪になりやすくなる

薄毛、抜け毛、白髪が増える!育毛剤を使う前に禁煙を!

タバコの煙に含まれる三大有害成分のひとつ一酸化炭素には、血液中で酸素を運ぶのを邪魔する働きがあります。

その結果、体内で酸素不足になり、末端の頭皮や毛髪、毛母細胞などへ十分に酸素が届きにくくなります。

また、タールやニコチンは血管を収縮するので血行が悪くなり、身体の末端にある頭皮や毛髪に悪影響を及ぼします。

タバコの含まれる一酸化炭素・タール・ニコチンのせいで、薄毛や抜け毛が促進してしまう可能性があるのです。

また、喫煙によって体内ではビタミンC不足になり老化が進みます。その結果、白髪が増える可能性も出てきます。

「育毛剤を使って増毛を試みているが、たばこは辞めていない」という方は、禁煙をすればもっと育毛剤の効果が出るかもれません。

副流煙(受動喫煙)の影響、タバコは周囲の人への害の方が大きいに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性型脱毛症の診療ガイドライン