FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)の試験を受ける前に知るべきこと!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)は
お金を取り巻くライフプランを設計する仕事

ファイナンシャル・プランナー=お金を取り巻くライフプランを設計する仕事

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)は、マネー(お金)を取り巻くライフプランを設計する仕事です。

具体的には、一般家庭の家族構成や収支、資産状況から現状を分析し、現状の問題点を指摘したり、将来に向けて保険や住宅ローンを含めた資産の運用をアドバイスします。

先行きの見えにくい経済状況が続く中、お金の専門家として様々なアプローチで道筋を示していきます。

ビジネスの現場では生保や金融業界(銀行や証券会社)でニーズが高い資格です。

企業によっては全社員取得をめざす会社もあります。

ファイナンシャル・プランナーは資格は金融業界で人気・必須!

また、仕事で使わなくても、自分の将来の人生設計ためにファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能検定)の3級の試験を受ける人も増加しています。

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)になるための勉強をする過程で、生命保険や年金、住宅ローンなど生活に密着したお金の知識が学べますし、お金について勉強するので世の中の仕組みを知ることにもつながるからです。

だから、スクールなどでは金融業界の人だけでなく、主婦や学生、金融業界以外のサラリーマン、OLなども多くいます。

ファイナンシャル・プランナーは金融業界以外のサラリーマンもOLも主婦も学生にも人気の資格!

そのため、FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)は「取りたい資格ランキング」では常に上位に入り、年々、試験受講者も増えています。

ファイナンシャル・プランナーは「取りたい資格ランキング」では常に上位の人気資格!

ただし、仕事で資格を生かそうとするなら、2級取得は必須です。