歯周病と虫歯はどんな違いがあるのか?

歯周病と虫歯はどんな違いがあるのか?

歯周病についてそれほど知識がない人にとってまず疑問に思うことは「虫歯とどう違うの?」ということだと思います。

歯周病も虫歯も同じ口の中の病気です。一体、どんな違いがあるのでしょうか?

ひとことで言ってしまうと、歯周病と虫歯の違いは、「原因となる細菌」と「口の中に及ぼす影響」が違います。

ここでは、両者のメカニズムの違いを見ていきたいと思います。

【虫歯のメカニズム】

虫歯はまず虫歯菌と呼ばれる細菌が歯にこびりつきます。

そして、その細菌が歯に残っている食べカスなどから酸を作り出し、歯を溶かしてしまう病気です。

虫歯は虫歯菌が歯を溶かす

【歯周病のメカニズム】

歯周病は歯周病菌と呼ばれる細菌が歯と歯茎(はぐき)の隙間に侵入し、他の菌と合体して、まず歯垢(しこう)をつくります。

そして、徐々に歯茎の中や歯を支える骨にまで入り込んでいき、組織を破壊していきます。

その結果、歯茎の変色や腫れ、出血といった症状が現れ、最悪の場合、骨まで溶け、歯が抜け落ちてしまいます。

つまり、歯周病とは歯の土台となる歯茎や骨をダメにしてしまう恐ろしい病気なのです。

歯周病は歯の土台となる歯茎や骨をダメにする

では、さらに歯周病の怖いところを見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加