エコノミークラス症候群の対策

エコノミークラス症候群の対策

「エコノミークラス症候群」とは、飛行機で同じ姿勢を長時間とり続けていると発症する深部静脈血栓症のことです。

この「エコノミークラス症候群」と同じ症状が、車内泊でも起こる可能性があります。

狭い車内で長い時間同じ格好をしていると、血栓などができる要素があるので、通常のドライブと一緒で1時間半くらいたったら、外へ出て軽く体操や運動などをするように心掛けましょう。

飛行機と違って車を止めればいつでも外に出られるからといって、油断しないようにして下さい。

定期的に道の駅やコンビニなどに立ち寄って、体を伸ばしたりするようにしましょう。

無理な運転は事故にもつながるので、車中泊の旅に出ている時こそ適度な運動は大切になってきます。

泊まる場所は安全なポイントを選ぶに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加