花粉症の症状が出る直前、症状が出たらすぐに始める「初期療法」

花粉症の症状が出る直前、あるいは
症状が出たらすぐに始める「初期療法」

花粉症では繰り返し花粉を浴びてしまうと症状がどんどん強くなり、鼻の粘膜も非常に過敏になってしまいます。

すると、ごくわずかな花粉を浴びても花粉症の症状が強く出たり、温度の変化やちょっとした臭いを嗅いだだけでも鼻の粘膜の過敏になり、くしゃみや鼻水といった症状が引き起こされてしまうのです。

このような状態になってしまうと、適切な薬の治療をしても、なかなか症状を改善されなくなってしまうことがあります。

そこで、花粉症の症状が出る直前から、あるいは、症状が出てきたらすぐに始める治療「初期療法」をオススメします。

花粉症の症状が激しくなる前から適切な治療をすることで、鼻の粘膜が過敏になるのを防ぎ、シーズンを通して花粉症の症状をコントロールしやすくしようというのが「初期療法」の目的です。

症状が出る前から薬を使っても効果はあるの?

初期療法を行うことで、ヒスタミンなどの化学伝達物質が出てくる量を少なくしようとする効果があります。

あるいは、化学伝達物質によって引き起こされる炎症反応をなるべく抑えることで、過敏性を抑えようとする働きがあります。

初期療法はどのくらいの効果が期待できるの?

初期療法は個人差が大きく、花粉の量によっても効果が違ってきます。

初期治療を行うことで、症状が強い人もできるだけ症状の発生を遅くして、花粉の飛散のピークの時にも症状をなるべく抑えて、しかも早く花粉の症状をなくなるようにすることが目的です。

毎年、花粉症が重傷で苦しんでいる人は、ぜひ初期療法を行ってみて下さい。

例年、軽傷の人も花粉が多いと言われる年は、初期療法をやった方がいいかもしれません。

直前っていつなの?

正確に花粉の飛散がいつからということを知るのは困難なので、少しでも花粉症の症状が出てきたら初期療法の時期と考えるべきです。

花粉症の症状は出てなくても、住んでいる地域で花粉の飛散がはじまったという報道があったら、ただちに治療をはじめましょう。

実際、ごくわずかな花粉でも症状がどんどん強くなってしまう人もいます。

初期療法で飲み始めた薬はずっと飲み続けるの?

花粉症の症状によって様々な薬がありますが、最初は1種類の薬からはじめるのがいいでしょう。

初期療法を行っても、花粉の飛散が増えてくると症状がだんだん強くなってくることもあります。

そういう場合は、症状の強さに応じて、様々な薬を組み合わせて使うことが推奨されています。

そして、症状が改善してきたら、組み合わせた薬を減らしていくという具合です。

ただ、雨が続いて花粉の飛散の量が減ると、一時的に症状が良くなります。

しかし、雨が上がって、気温が上がってくると、花粉の飛散も増え、症状が一気に強くなります。

このようなことがあるので、花粉の飛散が終了したという地域の報道があるまでは、治療は続けた方がいいでしょう。

自己判断での中止はよくありません。

病院での花粉症の検査方法に続く »