病院での花粉症の検査方法

病院での花粉症の検査方法

典型的な鼻や目の花粉症の症状があったり、花粉に対してIgE抗体が認められれば、病院では花粉症と診断していいだろうと認められています。

病院での花粉症の検査方法には主に次のものがあります。

  • 血液検査
    血液の中にある花粉に対するIgE抗体があるかないかを検査する。検査の結果が出るのに数日かかる。
  • 皮膚テスト
    様々な花粉のエキスを少し皮膚に投与して、皮膚が赤くなる、あるいは腫れるという症状から、どんな花粉に対してIgE抗体を持っているかを検査する。その場で検査結果が分かる。
  • 鼻汁好酸球検査(びじゅうこうさんきゅうけんさ)
    鼻水を調べて、アレルギー反応が起こると出る好酸球という細胞が検出されれば花粉症と診断される。

自分が花粉に対してどんなアレルギーを持っているのかを知っておくことは非常に重要です。

花粉症の人が風邪を引いた場合、どちらが原因で症状が悪化しているのかを判断するのは難しいです。

実際に風邪を引いているのに、花粉症の患者は花粉症で悪化しているんだと勘違いしてしまう人も少なくないのです。

そういった意味でも、病院できちんと診断を受けることが大切です。

トップページに戻る »


TSUTAYA(ツタヤ) Tカードプラス ホテル・宿泊施設・温泉の割引サービス コンビニでポイントが貯まる使えるTSUTAYA Tカードプラス

炭酸入浴剤