風邪と花粉症の見分け方

風邪と花粉症の見分け方

一般的な花粉症の症状の特徴としては、以下のものがあります。

  • くしゃみが発作的に出る、頻繁にくしゃみが出る
  • 透明でサラサラの鼻水が出る
  • 目や鼻にかゆみ、涙目になる
  • 雨上がりに症状が強くなる

雨が降っている間は空中に飛散する花粉の量は減りますが、雨が上がると気温も同時に上がり、花粉の飛散に好都合な環境になるため、花粉の量が一気に増え、花粉症の症状が強くなる傾向があります。

また、サラサラの鼻水が止まらない人や目や鼻のかゆみが続く人は、風邪ではなく花粉症を疑うべきです。

風邪の場合も最初はサラサラした鼻水が出ることが多いですが、だんだんと鼻水に粘りけが出てきます。あるいは、ドロッとした鼻水になります。

また、風邪の場合は、目のかゆみや鼻のかゆみも決して少なくはないですが、むしろ、喉の痛みや発熱が見られる傾向があります。

さらに、風邪の症状は通常だと数日すると改善します。

一方、花粉症の場合は、サラサラした鼻水や目のかゆみが何日も改善されません。

症状が長く続くと花粉症の可能性は大と考えてよいです。

外出時と家庭の中での自分でできる花粉対策に続く »