市販の書籍・参考書で独学してFP技能士(ファイナンシャル・プランナー)になる

スクールに通うメリット 自宅で通信講座を受けるメリット

市販の書籍・参考書で独学してFP技能士(ファイナンシャル・プランナー)になる

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)の資格を取得するための一番リーズナブルな勉強法がこれです。

実際、PF3級なら市販されている書籍や参考書を自分で2〜3冊やって、過去問を解いて合格している人もいます。

最近はFP3級に関する書籍や参考書もたくさん出版されていますので、FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)に興味を持ち始めたばかりの人は、まずは書籍を1冊買ってざっと見てみるといいかもしれません。

スッキリわかる FP技能士3級 第2版
スッキリわかる FP技能士3級 第2版 (スッキリわかるシリーズ)
FP技能検定3級 精選過去問題集 2011年版
FP技能検定3級 精選過去問題集 2011年版
パーフェクトFP技能士3級対策問題集 実技編(個人資産相談業務)〈’10‐’11年版〉
パーフェクトFP技能士3級対策問題集 実技編(個人資産相談業務)〈’10‐’11年版〉

書籍で独学のメリット

市販の書籍や独学で勉強することのメリットとしてはまずコストが安く済むということがあります。

スクールに通うことと比べたら、大幅に安く済みます。

また、管理してくれる人が誰もいないので、しっかりと予定通り勉強できればセルフマネジメント能力も養うことができます。

何の強制力もない中ですべてを自分で試行錯誤しながら勉強を進めるので、スケジュール管理能力やモチベーション管理術、段取り力なども磨けるでしょう。

書籍で独学のデメリット

独学は良くも悪くも自由なので、スケジュールの管理やモチベーションの維持ができないと、途中で挫折してしまう可能性があります。

また、法改正や試験制度の変更も起こる業界なので、そのような最新情報の収集も自分で行わなければなりません。

気軽に質問できる先生もいないので、不明点の解決には時間がかかります。

独学はコスト的に安く済む分、効率性やスピードの点ではやはり不利だと言わざるを得ません。


生命保険の選び方 生命保険を賢く選ぶために知るべきこと

花粉症の予防法