口内炎ができる主な原因

口内炎ができる主な原因

口内炎の原因

口内炎(こうないえん)ができる原因は、その口内炎の種類によって異なります。

一般的な「アフタ性口内炎」の場合は次のことが原因になります。

  • 過労(疲れ)やストレス、睡眠不足、不規則な生活によって新陳代謝が乱れ、口の中の傷を修復する能力が低下。
  • 食事中に口の中を噛んでできた傷が細菌によって化膿。
  • 固いモノを食べている時に口内にできた傷が細菌によって化膿。

ヘルペスウィルスによる「ウィルス性口内炎」の場合は次のことが原因になります。

  • 体内に元々潜んでいるヘルペスウィルス原因。
  • ストレスや疲れ、睡眠不足、不規則な生活などによって免疫力が低下し、ヘルペスウィルスを抑えられなくなる。

「アフタ性口内炎」にしろ「ウィルス性口内炎」にしろ、共通している原因が過労(疲れ)やストレス、睡眠不足、不規則な生活です。

つまり、「疲れをためない」ことが、口内炎予防で一番大切なことになります。

当然ですが、「疲れをためない」ことは、口内炎以外の様々な病気の予防にもなります。だからこそ、普段からできる限り規則正しい生活をしていきたいものです。