アフタ性口内炎の原因と治し方

アフタ性口内炎の原因と治し方

アフタ性口内炎

口内炎といっても大きく分けると2つあります。

1つはストレスなどでできる「アフタ性口内炎」。

アフタ性口内炎は、食べ物などが染みて激痛が走る一般的な口内炎のことです。

過労やストレス、睡眠不足、不規則な生活によって新陳代謝が乱れると、口の中の傷を修復する能力が低下し、口の粘膜の表皮に浅いくぼみができ、「アフタ性口内炎」になってしまいます。

口の粘膜の表皮にできた浅いくぼみ

また、食事中に口の中を噛んだり、固いモノを食べている時に口内にできた傷が細菌によって化膿することでも「アフタ性口内炎」は起こります。

口内にできた傷が細菌によって化膿

特に、食事中に口の中の歯茎を噛んでしまうと、その部分が膨れあがり、その後、何度も同じ箇所を噛んでしまったという経験をした人は多いのはないでしょうか。

口の中を噛んでしまった時は、その部分が細菌で化膿しないように、しっかりと予防しておきましょう。

口内炎ができてしまった婆の手軽な治療法としては、塗り薬ビタミンB2の摂取ハチミツを塗るという治し方があります。

口内炎のもう1つの種類としては、ウィルス性口内炎があります。