株式上場のメリットとデメリットとは?株式上場をする理由

Pocket
LINEで送る

なぜ世の中には株式上場する会社としない会社があるのでしょうか?

そもそも、なぜ、会社は株式上場をするのでしょうか?

株式上場にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

企業が株式上場をする理由

会社を運営していくにはお金が必要です。

そのお金を企業は「資本金」と「借り入れ」によって作り、利益をあげようとします。

資本金は自分で作ったり、家族や知人から集めることが多いです。

しかし、事業が軌道に乗ってくると、さらにお金が必要になります。

本気で事業を大きくしていこうとするなら、いざという時に配当を止められる自由度の高いお金、つまり資本金を増やす必要があります。

その際、不特定多数の人からお金を集めるには、上場するのが効率的です。

これが、企業が株式上場する理由です。

株式上場のメリット

不特定多数の人からお金を集める行為を公募増資と言います。

公募増資によって資本の厚みが増せば、定期的に金利を支払い、期日までに元本を返さなければならない銀行からの借り入れに頼る必要性が薄れます。

また、上場することによって資本市場とのパイプもできるので、社債(民間企業が事業資金を調達するために発行する債券)も発行しやすくなり、さらに資金調達の手段が広がります。

sらに、相続税の支払いの際にも、保有株式を売却することでお金を用意できます。

以上が、企業が株式上場をするメリットです。

株式上場のデメリット

株式上場すると株主が短期的な利益を求める場合があるので、長期的な経営戦略が立てられずに、短期志向になることがあります。

上場によって集めた資本金は負債や銀行借り入れと違って返済期限がないお金です。

一方、株主は投資した会社の経営が失敗するかもしれないというリスクを抱えて出資しています。

だからこそ、株主による経営者への注文が強くなるのも当然です。

つまり、長期的な視点で経営戦略を立てづらいというのが株式上場のデメリットになると思われます。

↓上場やM&Aについてストーリーで分かりやすく説明した良書です!
会社の売り方、買い方、上場の仕方、教えます! (アスカビジネス)
会社の売り方、買い方、上場の仕方、教えます! (アスカビジネス)

Pocket
LINEで送る

起業するには? 改正貸金業法