SIMロックとは、SIMロックの意味と影響

Pocket
LINEで送る

NTTドコモは7月6日、2011年4月以降に出荷するすべての携帯端末について、特定の通信会社でしか使えないように制限している「SIMロック(シムロック)」を解除する機能を搭載する方向で準備していると発表しました。

このSIMロックとはどのようなものなのでしょうか?


携帯電話には、電話番号など契約者の情報を記録したSIM(契約者識別モジュール)という小さなICカードが入っています。

このSIMというICカードを差し替えて、他の通信会社を利用できないようにすることを「SIMロック」と言います。

逆に、制限を解除して通信会社や端末を自由に選べることを「SIMフリー」と言います。

欧米では一定期間を経過した後に、SIMロックを解除する場合があります。

オーストラリアでは、基本的にSIMフリーが一般的です。

日本では今までは基本的に制限していましたが、総務省が今年6月に制限を解除する呼びかけを公表しました。

今回のNTTドコモの発表は、この流れに乗ったものです。

SIMロックが解除されると、利用者はSIMカードを入れ替えれば、機種を替えずにに通信会社を自由に選べるようになります。

たとえば、ソフトバンクのiPhoneをNTTドコモの通信回線で使えたり、逆にNTTドコモのエクスペリアをソフトバンクの通信回線で使えたりなどができるようになります。

今回、NTTドコモがいち早くSIMロック解除に応じたのは、業界全体の端末融通を加速して、契約者を他者から呼び込みたいという狙いがあります。

例えば、スマートフォンとして一番人気のiPhoneは、現状ではソフトバンクと契約しなければ、使うことができません。

しかし、ソフトバンクがiPhoneのSIMロックを解除すれば、ドコモユーザーもiPhoneを使うことができるようになります。

そうなると、多くのiPhoneユーザーが回線があまり良くないソフトバンクよりも回線が良いドコモに移行することが予想されます。

なので、ソフトバンクがNTTドコモに続いてSIMロック解除をしても、iPhoneのSIMロック解除に応じるかどうかは未定です。

SIMロックで1つ覚えておきたいことは、KDDI(au)は他社と違う通信方式を採用しているので、各社がSIMロックを解除しても、KDDIの端末を他の通信会社の回線では使うことができないということです。

KDDI(au)に関しては、世界の通信方式が統一される次世代携帯電話サービス「LTE」に移行してからになります。

Pocket
LINEで送る

ピアノの詩人 ショパン