保釈金とは?保釈金の意味と額の決め方

Pocket
LINEで送る

最近では、女優の酒井法子さんが逮捕されて保釈金500万円を支払って保釈されたというニュースが話題になりました。

この保釈金とは、いったいどんなものなのでしょうか?


保釈金を支払えば刑が免除されると思われている人もいますが、それは間違った認識です。

保釈金とは、裁判中に逃げないようにするために国に収めるお金のことです。

裁判中、容疑者は刑務所の外で生活しています。

その間に外国などに逃げないように、容疑者の全財産の中から失ったら困る額を押さえておこうというわけです。

なぜなら、海外逃亡するにも、その後の生活にもお金は必要だからです。

そして、もし逃げたら保釈金は没収されます。

逆に、逃げずに裁判が確定したら、保釈金は戻ってきます。

そして、それぞれその人の持っている資産額によって「これだけ失ったらイヤだな・・・」という額は違うものです。

何億円も持っている人なら500万円くらいなら、失ってもそれほど痛手はありませんが、1000万円しか資産を持っていない人にとっての500万円は痛手です。

だから、人のよって保釈金の額も違うのです。

お金を沢山持っている人には高額の保釈金、お金をあまり持っていない人は定額の保釈金となります。

つまり、その人が持っている財産によって、保釈金の額は違ってくるというわけです。

ちなみに、日本で歴史上最も高い保釈金を払った人は、「ハンナン」の元会長である浅田満氏の20億円。(ハンナン牛肉偽装事件)

近年だと、ライブドア事件で6億円の保釈金を払った元ライブドア社長の堀江貴文氏がいる。

著作権譲渡詐欺事件で逮捕された音楽プロデューサーの小室哲哉氏は3000万円だった。

裁判のしくみが面白いほどわかる本
裁判のしくみが面白いほどわかる本

↑ 民事裁判と刑事裁判の違いが分かりますか?意外と知らない裁判のことを分かりやすく解説した本。

Pocket
LINEで送る

主婦が低金利で借りれるローン