モーツァルトの生涯

Pocket
LINEで送る

日本でも人気の作曲家モーツァルト。

本名「ヴォフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)」。

オーストリア生まれ。1756年〜1791年。

モーツァルトは「神童」、神様みたいな子供と呼ばれていた。

2歳でピアノの音を何でも聞き分け、3歳でピアノを何でも弾け、4歳で作曲を始めた。

35歳で亡くなるまでに626曲もの名曲を作曲した天才。


4歳から35歳までの31年間で計算すると、1年間に20曲もの曲を作曲したことになる。

幼少時代はスポンサーを見つけるために、オーストリア・フランス・イギリス・イタリアなどを渡り歩きながら音楽を披露して過ごしたと言われている。

アマデウス [DVD]
アマデウス [DVD]

↑ 天才モーツァルトの生涯を描いた映画。世の中ではあまり語られないモーツァルトの意外な姿を見ることができる名作。
この映画と一緒に読みたいのがこの本↓。モーツァルトの音楽や生き方に深く踏み込んだ良書。

モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)
モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)

モーツァルトは世界中で一番愛されている作曲家でもある。

その理由は曲調が明るく爽快で楽しいから。

モーツァルトの曲調が爽快である理由は、音が高く速度が速いことにある。

たとえば、「やさしいソナタ」は鍵盤の半分から上の高い音を主に使っている。これがモーツァルトの爽快さの秘密。

逆に、ベートーベンは低い音を使ってゆっくりとした曲調になっているので、重たい印象がある。

モーツァルトを聞くと健康に良い、脳が活性化すると言われる理由は、高く早い爽快なメロディーだからではないか。

モーツァルト療法 〜音の最先端セラピー 〜1.もっと頭の良くなるモーツァルト 〜脳にエネルギーを充電する音
モーツァルト療法 〜音の最先端セラピー 〜1.もっと頭の良くなるモーツァルト 〜脳にエネルギーを充電する音

↑ モーツァルトの音楽を音楽療法に使ったCD。

また、モーツァルトといえばアレンジを初めて確立させた作曲家とも言われている。

単純なメロディーをどんどん進化させて、アレンジ(編曲)を加えていって、最終的には華麗な曲にしてしまうというテクニックが素晴らしい。

また、モーツァルトは当時のクラッシックの常識をぶち破った人物でもある。

作曲家の代表曲となる交響曲といえば、当時は明るい曲が一般的だった。

しかし、モーツァルトは交響曲でタブーとされていた悲しいメロディーを「交響曲第40番」で作曲した。

交響曲で悲しいメロディーを作曲した初めての作曲家がモーツァルト。

そして、モーツァルトがクラッシック音楽の常識をくつがえしたことから、他の作曲家たちも影響を受け、自由に曲を書くようになった。

ある意味、モーツァルトはクラッシックの歴史まで変えてしまった作曲家とも言える。

モーツァルトの代表曲

ピアノ・ソナタ第11番第3楽章「トルコ行進曲」
1783年作曲(27歳)

セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
1787年作曲(31歳)

ピアノ・ソナタ第15番第1楽章アレグロ「やさしいソナタ」

オペラ「魔笛」
1791年作曲(35歳)

100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=
100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=

↑ モーツァルト生誕250年記念の「10枚10時間3000円」という破格のCD!
Amazonなら10%オフで買えます。

Pocket
LINEで送る

英語教材 スピードラーニング
音楽のように聞き流す英語教材スピードラーニング