裁判員制度とは

Pocket
LINEで送る

2008年8月から日本でも各地で裁判員栽培が始まった。

裁判員制度とは、ひとことで言うと、一般の国民から選ばれた裁判員とプロの裁判官が一緒に話し合い、犯罪の容疑のある人(被告)をどう処罰するかを決める制度のことです。

日本では昭和初期に陪審制が行われたことがあるが、戦時中の1943年に国民の負担が大きいということで停止された。


裁判所では裁判官3人と裁判員6人が判断を下します。

裁判員の具体的な仕事は、事件を起こした疑いがある被告の刑を決めることです。

裁判では、まず検察官が警察の集めた証拠を提出したり、証人に質問しながら、被告が罪を犯したことを証明し、適切な処罰を求めます。

それに対し、被告の弁護士は被告に有利な主張をします。

これらの証拠や主張をもとに、裁判官3人と裁判員6人が話し合い、被告が有罪といえるのか?どの程度の刑罰が適当か?の判断を下します。

日本の裁判員制度では、裁判員は20歳以上の国民から抽選で選びます。

ただし、学生やお年寄り、仕事が休めない人などは辞退が認められています。

当然ですが、事件の関係者などの不公平な判断を下しそうな人も除外されます。

裁判に一般の国民が加わる意味としては、普通の国民の知恵をもっと裁判に活かすということがあります。

というのも、専門の裁判官だけによる裁判が、国民の常識から離れているという批判が頻繁にあったからです。

裁判官の専門知識と国民の常識・知恵が組み合わさって、よりバランスの取れた判断を下そうというのが、裁判員制度の目的の1つです。

ちなみに、アメリカでは市民から選ばれた12人だけで有罪か無罪かを判断する陪審制が長いこと続いています。

アメリカの陪審制を描いたシドニー・ルメット監督の映画「12人の怒れる男」は名作として有名です。

十二人の怒れる男 [DVD]
十二人の怒れる男 [DVD]

この「十二人の怒れる男」をパロディーにしたのが、三谷幸喜さんが脚本を書いた「12人の優しい日本人」です。

12人の優しい日本人 [DVD]
12人の優しい日本人 [DVD]

もし、あなたが裁判員に選ばれたなら、この2つの映画を観ておくと裁判員制度がより身近に感じ、裁判員制度の価値が分かると思われます。また、予行練習にもなるでしょう。

Pocket
LINEで送る

Tポイント