ゼネコンとは、ゼネコンとスーパーゼネコンの意味

Pocket
LINEで送る

ゼネコンは「ゼネラルコントラクター」の略。

「ゼネラル」は「総合(General)」という意味、「コントラクター(Contractor)」は「請負業者」という意味。つまり、ゼネコンとは「総合請負業者(General Contractor)」のこと。


具体的には、建設工事をまとめて請け負い、専門業者に仕事を振り分けて、建物を完成させる会社のこと。

仕事の発注はお役所からのものが多く、かなり高額な仕事が多いので、まれに仕事を得ようと政治家にお金を渡す悪いゼネコンが出てくる。

だから「ゼネコン」というと悪いイメージがあるが、それは政治家に賄賂を渡した一部の「ゼネコン」のだけ。

また、日本における建設業者の頂点となる大手建設会社をスーパーゼネコンと呼ぶ。

日本のスーパーゼネコンには以下の会社がある。

鹿島建設
清水建設
大成建設
大林組
竹中工務店

小説 ザ・ゼネコン (角川文庫)
404164318X

Pocket
LINEで送る

1級土木施工管理技士