「電波時計」の電波ってどこからきてるの?

Pocket
LINEで送る

ざっくりマンデー!!」で放送されていたネタです。

電波時計」の電波は、日本では福島県の大鷹鳥谷山と福岡県と佐賀県の間の羽金山にあります。

電波時計が電波を受信して、時計が勝手に時刻を合わすという仕組みです。


電波時計は10万年に1秒しか狂わない、すごく正確な時計。これを「セシウム時計」と言う。

福島県の大鷹鳥谷山にある標準電波送信所は情報通信研究機構が運営。アンテナの高さは250メートルで東京都庁と同じくらい。総敷地面積は8.8km平方メートル。東京ドーム2個分の広さ。

福島県の大鷹鳥谷山と福岡県と佐賀県の間の羽金山の2つの電波塔で日本全国をカバー。

電波送信所は世界に6箇所しかなく、アメリカ、イギリス、ドイツ、中国、日本(2個)だけ。

日本人は時間に細かいから2個もあるんですね。他の国の人は秒単位まで合わさないですからね。

時計にもその国のお国柄が出ていて面白いですね。

高性能電波時計を探す

Pocket
LINEで送る