iPodやパソコンでよく目にする○○バイトって何の大きさなの?

Pocket
LINEで送る

携帯電話やデジカメのメモリカード、ハードディスクレコーダーなどに書いてある○B、○KB、○MB、○GBって何のことを意味しているのでしょうか?

パソコンを仕事で使っている人にとっては、知っていて当たり前のことかもしれませんが、パソコン音痴の人にとっては未知の記号です。。

「B」は「byte」の略で「バイト」と読み、重さの単位「グラム」のデジタル版といったところです。


1バイトはアルファベット1文字分です。ひらがなやカタカナ、漢字といった日本語1文字なら2バイトとアルファベットの倍の重さになります。

メールサイズの制限が2000B(バイト)だとすれば、アルファベットなら2000文字まで入力できますが、日本語だと1000文字までしか入力できません。

画像データの場合の場合も「バイト」という重さの単位を使います。

画像を拡大すると小さなマス目でできているのが分かります。

たとえば、下のネコの写真の赤枠の部分。

ネコの写真

この赤枠の部分をズーンと拡大すると・・・

拡大写真

このように、小さな四角いマス目でできています。

このマス目を「画素」と言います。画素1つあたり約4B(バイト)です。

たとえば、横10画素、縦10画素の画像の場合、100画素となり、画像全体の容量は400Bとなります。

データの世界は数字が大きくなりすぎるので、1000倍ごとに単位が決められてれています。単位が繰り上がるんです。

デジタルの単位には以下のものがあります。

1000B(バイト)=1KB(キロバイト)
1000KB(キロバイト)=1MB(メガバイト)
1000MB(メガバイト)=1GB(ギガバイト)
1000GB(ギガバイト)=1TB(テラバイト)
1000TB(テラバイト)=1PB(ペタバイト)
1000PB(ペタバイト)=1EB(エクサバイト)

2008年には1万2000円ほどの予算で350GBのハードディスクドライブが買えました。

しかし、翌2009年は1万2000円ほどの予算で1TBのハードディスクドライブが買えるようになりました。1年間で約3倍の容量です。つまり、価格は1年で3分の1に下がったということになります。

Pocket
LINEで送る